FC2ブログ

ふみ函

夢見る真珠

普段は足を踏み入れることもない銀座ミキモト。
友人の用事に付き合って、
たまたま開催されていた
「感じるパール展」を拝見。

ネオンのような照明に縁どられたケースの中に、
うつくしい真珠アクセサリーが浮かび上がります。

ミラールームなので、
鏡がお互いを映しあって、
無限に増幅してゆく
宇宙のような、
深海のような、
終わりのない世界。


パール展3


端麗。
まるで畳んだ羽のようですね。


パール展1


真珠たちは
この静かな宇宙のなかで
うっとり夢見ているようでした。


パール展2



スポンサーサイト
別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「舟を編む」ロケ地再び

2013年に公開された映画「舟を編む」
とても好もしい作品で大好きでした。

観てまもなく
映画『舟を編む』の早雲荘ロケ地という
記事を書いたのですが、
その後何年も経ってから
記事にぽつぽつ反響がありました。

それだけ映画の中の古めかしい建物が、
観たひとの心に深く残るのでしょうね。

それを頼りにロケ地巡りをしたいという方がいるのは、
書いた甲斐があって嬉しいのですが、
その後変化がなかったかどうかちょっと気がかりで、
確認しに行って来ました。

あ、良かった。健在です!
(2018年8月26日現在)


鳳明館社員寮


門柱の郵便受けには
「鳳明館社員寮」と書いてあります。
このすぐ先に老舗旅館「鳳明館」の
本館と台町館があるんです。


鳳明館看板


ただ、隣の空き地には6階建てマンションが建つようで、
景観はいささか変わってしまうかも。


鳳明館社員寮横建築現場


さて、ちょっと足を延ばして
水道橋から九段下方面へ。


ビル西神田


ビル西神田(千代田区西神田3-8-5)。
ここは馬締くんの勤める
玄武書房別館の外観に使われた建物だとか。


ビル西神田2


ビルにはいろんなお店が入っているようです。
昭和を感じさせる建物ですね。


ビル西神田1


壁が茶色く塗られた角部分は、
ヌイサンス・ギャラリー/ムギマル3という
バー・カフェ・植木のお店となっていますが、
不定期営業なのか閉まっていました。
なかなか素敵な雰囲気なんですけどね。


ヌイサンスギャラリー




別窓 | ロケ地 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

日比谷公園の盆踊り

今年も友人と参加した
日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会

もう16回目の開催なんですね。


2018日比谷盆踊り


雨も止んで空にはお月様。

日比谷公園の大噴水を囲んで踊るのは、
気持ちが華やいで良いものです。
お洒落な着物姿の方も多くて目の保養。

「銀座カンカン娘」で踊るのは、
数を重ねてだいぶ様になって来ました。
でも「東京五輪音頭」のニューヴァージョンは、
リズムが変則のうえに振りが多すぎて、
ちょっと苦手だわ。



別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バス停の椅子

明神湯へは、
東急池上線の「雪が谷大塚」駅から
てくてく歩いたのですが、
途中のバス停に並んだ椅子が
ちょっと印象的でした。


バス停の椅子


東急バス「清明学園下」停留所。
一つずつ違う形の独立した椅子。

紅一点の色が効いていて
何だかお洒落ですね。




別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

明神湯

8月も後半となって、
少ししのぎやすくなってきましたね。

行動範囲外なので、
なかなか来る機会のない東急池上線沿線。
近辺に用事があったついでに、
ようやく大田区南雪谷の「明神湯」へ。


明神湯1


堂々たる千鳥破風と唐破風の屋根。
黄土色の土壁も風情で、
本当に絵になりますね。
昔懐かしい立派な構えだけに、
数々の映画やドラマのロケ地となっています。

私が知ったのは映画「水の女」や
「鍵泥棒のメソッド」の頃ですから、だいぶ前。


明神湯2


定休日は基本、5のつく日。
曜日休みが多い今時は珍しいかも。
もっとも昔はそういう店も多かったそうですが。


明神湯3


中はもちろん撮影出来ませんが、
ゆったりしたソファや本棚、テレビがあって、
のんびりくつろげる良い雰囲気。
アットホームな感じですね。

湯から上がって来たら
たまたま高校野球の準々決勝放映中。
近江対金足農業の熱戦9回裏!

ノーアウト満塁から劇的な逆転勝ちに、
ソファの上で思わず歓声。
一緒に見ていたお子さん連れのお母さんも、
東北出身だということで大喜びでした。


明神湯4


良いものを見たなあ。
気持ちよく暖簾の外へ。
ありがとうございました。





別窓 | ロケ地 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 | NEXT