FC2ブログ

ふみ函

在りし日の松籟(しょうらい)荘

小原古邨展が開催された茅ヶ崎市美術館は、
古邨作品などのコレクターだった実業家・原安三郎氏の、
かつての別荘地に位置するとのこと。
「松籟(しょうらい)荘」という名のその別荘は、
南欧風の瀟洒な建物だったとか。

古邨展に関連して、
原氏を紹介するコーナーも設けられていました。
かつての松籟荘の写真展示も。

ねじり棒のような玄関の柱がお洒落。


松籟荘玄関


エキゾチックな棕櫚の葉模様の壁紙。


松籟荘壁紙


籐椅子のある子供部屋。
壁紙も愛らしいこと。


松籟荘子供部屋


建物を再現した模型。
老朽化のため1984(昭和59)年解体されたとか。
残念。


松籟荘模型


美術館を出て左手に降りてゆくと、
昔の館の面影を残すものが
わずかに残されていました。


噴水跡と壁


模型にも表されている
玄関前の噴水池の跡と石段。
石段を下りた先に見える瓦付きの壁。


噴水跡と階段


しばし留まって、
かつての別荘に思いを馳せました。



スポンサーサイト
別窓 | 建築 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

小原古邨展@茅ヶ崎市美術館

日曜美術館「生き物のいのちを描く~知られざる絵師 小原古邨~」
で紹介された小原古邨(おはらこそん)の作品。

今まで知らなかった絵師の作品の美しさに心奪われ、
これは実物をみなくては、と翌日茅ヶ崎市美術館へ。

やはり日美の熱心な視聴者は多いらしく、
入口前には長い行列が出来ていました。


小原古邨展ポスター


それにしても繊細な花鳥画。
これが木版画とは思えないほどの細やかさ。
たおやかで奥深い色彩。
明治後期の作品とのことですが、
たった今生み出されたような瑞々しさです。


芥子に金糸雀


なかでも白眉は番組でも詳細に紹介された
「芥子に金糸雀」と
「蓮に雀」でしょう。

展示は前期・後期で全作品入れ替えとなり、
前者は前期のみ、後者は後期のみの展示なので、
二回足を運ぶことになりました。


蓮に雀


今回の展示は故・原三郎氏のコレクション。
北斎や広重のコレクターとして有名な方。
主に海外に輸出されていたため、
国内では知られていなかった古邨作品をも
これほど集めておられたのですね。

埋もれていたこれら作品群が偶然発見されたことで、
拝見できたことはありがたいなぁ。
感謝感謝。

この「雨中の公孫樹に鳩」も
上品な色彩ですが、
何だかロマンティックな感じですね。


雨中の公孫樹に鳩


展覧会副題の「花と鳥のエデン」という言葉通り、
花咲き鳥舞う楽園にうっとりと酔いしれました。

後期展示は11月4日まで。



別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

変わりゆく渋谷・その3

たまたま近くを通ったら、
渋谷川周辺が様変わり。


渋谷川



そうか、少し前に完成した渋谷ストリームに併せて、
この細々と命を保っていた川も、
整備されたんですね。


渋谷川2


2階通路にはかつての東急東横線の、
かまぼこ屋根とめがね型の側壁が
再現されたようなかたちが。


渋谷ストリーム2


懐かしい!そしてお洒落。
骨組みの影が落ちて、
メッシュ模様になってますね。


渋谷ストリーム3


かつての東急東横線の駅の姿は、
現在、東急本店一階の文化村入り口側の隅に、
ひっそりと飾られているジオラマから偲ぶことが出来ます。

1964年(昭和39年)の渋谷駅を、
150分の1のスケールであらわしたもの。
制作者は武蔵野市の富沢瑞夫・昭子ご夫婦。


過去の渋谷駅周辺模型


以前変わりゆく渋谷駅と題して、
このジオラマとその時の渋谷駅の対比をしました。

その後、変わりゆく渋谷駅・その2や、
東横線高架跡などでも触れていますが、
渋谷の変化は留まることなく続いてゆきますね。






別窓 | 演劇 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

東京の秋空・秋草

原宿秋空


永遠に続くのかと思われた
灼熱の夏もいつの間にか過ぎ去り、
気付けば秋の空。


原宿秋空2


東御苑では薄がすくすくと穂を立て


東御苑の薄


女郎花(おみなえし)の花がくっきりと
秋の訪れを告げていました。


女郎花




別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

夢見る真珠

普段は足を踏み入れることもない銀座ミキモト。
友人の用事に付き合って、
たまたま開催されていた「感じるパール展」を拝見。

ネオンのような照明に縁どられたケースの中に、
うつくしい真珠アクセサリーが浮かび上がります。

ミラールームなので、
鏡がお互いを映しあって、
無限に増幅してゆく
宇宙のような、
深海のような、
終わりのない世界。


パール展3


端麗。
まるで畳んだ羽のようですね。


パール展1


真珠たちは
この静かな宇宙のなかで
うっとり夢見ているようでした。


パール展2



別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 | NEXT