ふみ函

鉢植えの蓮の花

通勤の道筋でふと見たら、
とあるお店の前に
白い蓮の花。


鉢植えの蓮


清楚可憐。
目を洗われるよう。

こういう街中の出会いも
はっとして新鮮ですね。



スポンサーサイト
別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

夏の和菓子

美味しそうな和菓子をいただきました。


夏和菓子


季節柄、これは紫陽花でしょうね。
もう一つは流水に青楓でしょうか。

和菓子は季節を感じながら、
まず目で愛でるもの。

器もふさわしいものに。
幸せな気持ちになります。


ありがとうございます。
いただきます。
別窓 | 食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

花々のダンスパーティ

近所で見かけた
愛らしいガクアジサイ。

うっすらパステルカラーの
グラデーションの妙。


紫陽花ダンスパーティ


”ダンスパーティ”という名前だそうです。
なるほど、なるほど。
華やかに広がるドレスの裾を思わせますね。


別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

綺麗な卵

長年通っている中目黒の岩茶房
久々にお友達と訪れたら、
お店脇の駐車場で市場開催中。


中目黒マルシェ


手作りのお味噌やら塩麹やら、
美味しそうなものばかり。

醤油麹と卵を買い求めました。
この二つで作る卵かけご飯は
絶品だと勧められたので。


卵かけご飯

 
うちに帰ってご飯を炊いて、
卵を割り入れたら、
黄身の色があんまり綺麗で、
思わず撮影。

レモンのように爽やかな黄色。
お月さまみたいですね。



別窓 | 食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

智美術館の竹細工展示

繊細な竹細工のポスターに心惹かれて、
「線の造形、線の空間」展へ。


智美術館


ホテル・オークラにほど近い虎ノ門の
菊池寛実(かんじつ)記念 智(とも)美術館は、
落ち着いた静かな空間で、
定期的に足を運びたくなるところ。


智美術館2


入口もさりげなくモダンで洒落ていますよね。
書家・篠田桃紅さんの作品で飾られた壁面も、
品が良くて素敵。


智美術館3


と、いつも通り
地下の展示室へと降りようとしたら、
ガラスの手摺の螺旋階段に、
今回は巨大な竹細工のオブジェが!
なんという巨大さ。


智美術館4


これだけの大きさでは
重量もそれなりに相当でしょうが、
ひかりを透かす軽やかさ。
竹特有のしなやかな存在感。

四代田辺竹雲斎の作品
「Connection過去 現在 そして未来へ」(2018)。
この会場内で、お弟子さんと共に編み上げたものだとか。


智美術館5


竹工芸の世界を堪能したあと、
ミュージアムショップでお買い物。
以前から気になっていたガラスの浅漬鉢です。
この蓋がずっしりした重しとなって、
手軽に浅漬けが出来るという優れもの。


浅漬ガラス器


落ち始めた小梅を漬けてみました。
梅酢があがったら赤紫蘇を入れて、
小さい梅干しを作りましょう。
見ているだけでも楽しいですね。



別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 | NEXT