FC2ブログ

ふみ函

尾山台の狐塚古墳辺り

尾山台1


シロさん実家ロケ地を目指す途中で、
「狐塚古墳緑地」の表示を見つけて
階段を上ってみました。


尾山台2


ちょうど小雨が降り始めて、
遠くがけむってしまいましたが、
多摩川が見通せる見晴らしの良い場所。

誰もいなくて静かですね。


尾山台3


 狐塚古墳は、多摩川に面した国分寺崖線の台地先端部に造られた古墳時代中期後半(5世紀後半)の古墳です。
 この地域は多摩川に向かって突き出した台地と小さな谷が交互に連続する地形が特徴で、この台地上には南武蔵の首長墓(古墳)が5世紀から6世紀にかけての古墳時代中ごろに連続して造営され、これらは野毛古墳群と呼ばれています。
 この古墳の形は帆立貝形ないし造出付円墳の可能性もありますが、造出部は確認できないため、今のところ円墳(直径約30m、高さ4.6m)と推定されています。
 狐塚古墳の名前の由来は、かつて小さな稲荷の祠があったことから名付けられています。



このあと歩いた近辺に八幡塚古墳や御岳山古墳などの名もあって、
これほど古墳の多いところだとは知りませんでした。


尾山台4


さらに坂を下ってゆくと、尾山台ナザレン教会。
懐かしい。
以前、映画『落下する夕方』(1998年)の
ロケ地めぐりをした時に、
訪ねて以来です。

原田知世さん演じる主人公リカの
勤務先として撮影されていました。


尾山台5


この辺りは瑠璃茉莉(ルリマツリ)が
多いですねぇ。


尾山台の丸子川


ナザレン教会の下の方に流れる丸子川。
一番近い橋は稲荷橋でした。

これも狐塚古墳と同じく、
昔あったというお稲荷様の縁なのでしょうね。


スポンサーサイト



別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

阿佐ヶ谷商和会あたり

ミニシアターユジク阿佐ヶ谷へ。
ここに来るのは初めて。

整理券をいただいたあと、
上映まで小一時間ほどあったので、
小さな商店街を散策。

お、昭和レトロなお米屋さん。
趣深い建物ですね。


阿佐ヶ谷1


植栽が野放図に野生化してふくらんでゆく、
こういう景色も面白く。


阿佐ヶ谷2


それにしても初夏の緑は
輝かしい色ですね。


阿佐ヶ谷3


何だか色んな古道具が
いっぱい飾ってありますが、
お店なのか趣味なのか。


阿佐ヶ谷4


上のほうにちんまりと座っている
スナフキン人形も
良い味わい。


阿佐ヶ谷5


あ、猫の像!


阿佐ヶ谷6


OPPO(尾っぽ)というギャラリー前のオブジェ。
一目見たら忘れられない看板猫ですね。


阿佐ヶ谷7


このビル前の植え込みに敷かれた
玉石も素敵。


阿佐ヶ谷8


質屋「まるや」さんの蔵。


阿佐ヶ谷9


良い雰囲気の商店街ですね。
とても私好み。
またそのうちに探検しに来ましょう。


阿佐ヶ谷10



別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

媽祖廟と桜

横浜中華街に来るときは、
たいてい関帝廟通りを歩いて、
山下町公園に立ち寄ります。
この小さな公園が、何となく好きなので。

四阿(あずまや)のようなお休みどころ
「会芳亭」は、小さいながらも綺麗です。


2019春山下町公園


ちょっと向こうに桜が見えて、
近寄ってみたら、
隣接する横浜媽祖廟が、
桜で彩られてより華やかに。


2019春媽祖


花の紗幕越しに見える
鮮やかな装飾。
なんとも艶やかですね。


2019春媽祖2






別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鎌倉早春(3)瑞泉寺への道

瑞泉寺へは、鶴岡八幡宮の境内を脇に抜けて、
横浜国立大附属の鎌倉小学校の
広い校庭沿いに歩いて行きます。

校庭ににょきっと屹立した
これは何かと思ったら、
龍舌蘭(りゅうぜつらん)の花茎。

こんなに大きくなるんですねぇ。


鎌倉歩き1


雪ノ下の辺り、
ちょっと懐かしい感じの
素敵な洋館が目につきます。


鎌倉歩き3


こういう古い木造住居も好きです。
手摺の持ち送り部分、
何気ないようでアールデコ調のデザイン。


鎌倉歩き2


蔦に占領され、錆びついて
もはや開閉出来ないと思えるシャッター。


鎌倉歩き4


鎌倉宮の参道。
この門も味わい深いですね。


鎌倉歩き6


通玄橋の手前に
すっと立つ一本の山桜。


鎌倉山桜


石段を上って辿り着いた瑞泉寺。
例年通り、花を終えた水仙の葉は、
きゅっと束ねられていました。


瑞泉寺水仙葉


帰り道に出会うネコヤナギ。
何か楽し気に動き出しそう。

鎌倉散歩はいつも
自然を愛でるひとときです。


鎌倉ネコヤナギ




別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鎌倉早春(2)浄智寺

円覚寺ではまだ開きかけだった
三椏(みつまた)の花、
ここ浄智寺では満開!


浄智寺1


この境内は陽当りが良いからでしょうね。
花かんざしのように丸まって。

楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)と並び、
三椏(みつまた)は和紙の素材として有名。
名の通り、枝先がみっつに分かれてゆきます。


浄智寺2


このちいさな黄花は何かしら。
このお寺はこじんまりしているけれど、
お花がいっぱいあって
いつ来ても楽しくなります。


浄智寺3


竹林そばのポンプ井戸。
水盤の水に白椿が一輪
浮いていました。


浄智寺4



別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 | NEXT