FC2ブログ

ふみ函

秋の玉原(たんばら)

職場の施設の一つがある
玉原(たんばら)高原へ。


玉原湿原入口


センターハウスまで車で、あとは歩き。
歩く道はそれほどの勾配はないのですが、
こういう山の道は久しぶり。

道の途中にある玉原自然環境センターを
ちょっと覗いてみました。


玉原自然環境センター


中にはこの辺りで見られる植物や昆虫などの写真が
壁一面に。

窓から外も見えますが、
窓の内側もたくさんの緑と虫が生息しているように見えて、
何だか不思議な感じ。
部屋の中に霧が流れ、雨が降り始めても
おかしくないような。

って、それではタルコフスキーの
「惑星ソラリス」のラスト辺りの場面のようですね。


玉原自然環境センター2


玉原湖を囲む樹々は、
うっすらと染まり始めています。


玉原秋景色


静かに進む季節の足取り。
葉の紅色黄色は、
これからさらに色を濃くしてゆくのですね。


玉原秋景色4



スポンサーサイト



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

秋草の庭

久しぶりに肥後細川庭園へ。

秋聲閣の入口付近に、
お月見飾り。

そう言えば一昨日は
中秋の名月でしたね。

吾亦紅、薄、黄色い女郎花(おみなえし)。
暑い暑い夏を経て、
ようやくこの季節に。


秋草と白饅頭


お庭の鹿威しの前には
秋明菊(しゅうめいぎく)が。


秋明菊と鹿威し


池の橋の辺りには、
ガマの穂がすくすくと
立ち並んでいました。



ガマの穂




別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

五島美術館庭園

「東西数寄者の審美眼」招待券をいただいたので、
初めて五島美術館へ。


五島美術館入口


東急を創設された五島慶太氏の
コレクションを公開する私設美術館なのですね。

展示を観た後、広いお庭も拝見出来るスタイルは、
根津美術館や静嘉堂文庫と共通する雰囲気。


五島美術館庭石


深い傾斜に沿って広がる
奥行きのあるお庭は500坪もあるとか。

武蔵野の雑木林が、
南側の多摩川に向かって傾斜する
国分寺崖線上に位置しているそうです。


五島美術館庭園


そちこちに点在する石仏。
丸いお顔や、切れ長の目や、
お顔の相は様々。


五島美術館庭園2


こ、これは…
欠けた頭部にちょうど見合うくらいの
石を置いたものでしょうか。
ちょっと吃驚。


五島美術館庭園3


佛域に羊さんもいらっしゃいますね。


五島美術館庭園4


昭和天皇(当時皇太子)お手植えの
松の根元には、二頭の像が。

俵屋宗達の白象図を思い出します。


五島美術館庭園5


冬支度なのか、ぐるぐる包まれた蘇鉄が、
エキゾチックな民芸作品のようで
面白い味わい。


五島美術館庭園6


暑さの続いた秋のせいで
紅葉はまだ五分というところ。
真っ赤になると見事でしょうね。


五島美術館紅葉


晴れていれば高台から
富士山も眺められる見事なお庭。

いつかまた機会があれば、
そぞろ歩いてみたいです。


五島美術館庭園見晴台





別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バス停の椅子

明神湯へは、
東急池上線の「雪が谷大塚」駅から
てくてく歩いたのですが、
途中のバス停に並んだ椅子が
ちょっと印象的でした。


バス停の椅子


東急バス「清明学園下」停留所。
一つずつ違う形の独立した椅子。

紅一点の色が効いていて
何だかお洒落ですね。




別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

小豆島(3)生き物

馬木の内海の港近く、
散歩していたら出会ったアオサギ。


アオサギ1


人慣れしているのか、
全然警戒せず、
悠然と動いています。


アオサギ3


それにしてもサギって
ぴん、とした姿勢ですねぇ。


アオサギ2


こちらはエンゼルロード近くの
小豆島国際ホテルのそばで
出会った猫。
やはり泰然自若の体。


小豆島猫


住みやすい環境なのか、
小豆島の生き物たちは、
のんびり自足しているようですね。


小豆島猫2



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 | NEXT