FC2ブログ

ふみ函

名残の雪と白梅

一昨日の夜の雪は、激しかったにもかかわらず、
朝が来るとあらかた夢のように溶けてしまいましたが、
ところどころには夢のかけらのように残っています。

梅林雪影

駒場キャンパスの梅林の足元は、樹の影もやわらか。
盛りになってきた白梅の花のほうが、降りかかる雪のよう。

白梅と雪

今日は良いお天気でした。
ほっこりする景色ですね。

白梅と空


スポンサーサイト



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

万華鏡展「ブリューゲルの家」

自宅からほど近い目白千種画廊にて開催中の
田村愼一万華鏡展「ブリューゲルの家」を見て来ました。

ブリューゲルの家


会場にはダンボールで作られた教会やら家やらがたくさん。
壁にはブリューゲルの絵。
ダンボールの家は、この絵に出てくる建物を基に形作られているのだとか。
新宿の都庁みたいなかたちもあったけれど、
これもちゃんと描かれている絵があります。

ダンボール教会3

ダンボール教会2

で、ブリューゲルの家と万華鏡がどう結びつくのかと思ったら、
この建物にはそれぞれ覗き窓があって、
そこから中を覗いてみると…


のぞき窓

万華鏡青

その内側はめくるめく色彩の世界。
ボタンを押したり、ハンドルをまわしたりすると、
ミラーボールのようにきらきら回転して色を変えます。

万華鏡紫

綺麗綺麗。
絞り染めのような模様。
仏教の曼陀羅図も思い出されたり。

万華鏡薄墨

ぐるぐる回していると、時のたつのを忘れてしまいます。
会期は11日まで。


別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

セツ・モードセミナー校舎

一昨年の秋の夜、新宿区舟町の新坂沿いにあるお店「ありすとてれす」で、
お友達と待ち合わせた時に、新宿からタクシーで来るはずの彼女がなかなか現れず、
心配していたら、携帯にかかってきた電話。
「舟町15と言ったらここですよ」と下ろされたけど、ここからどう行けばいいのかわからない、と。

何か目印は?と聞いたら「セツ・モードセミナーっていう看板がある」と言われ、
お店のかたに聞いて、裏手にぐるっと回ったら、急な坂の階段に、
迷子みたいに彼女がぽつんと腰掛けていた、ということがありました。
夜空にはぽっかり月が浮かんで、その場所自体がおとぎ話のような不思議な雰囲気。

その階段のわきに建っていたのがセツ・モードセミナー
創設者であるイラストレーター長沢節氏の名を冠した美術学校とか。

セツモード階段

最初にぱっと見た時、なんだかパリの街みたい、と思った通り、
パリのアパートを参考に、セツ氏自身がデザインされた建物だそうです。
もう46年もの歴史があるのですね。

セツモード窓階段

本当にお洒落で雰囲気があること。
綺羅星のごとくクリエーターを輩出しているというのも素敵です。

セツ十字ドア

こういう味わい深い場所が、ずっと健在でありますように。

窓と煙突

別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |