FC2ブログ

ふみ函

黄昏時の薔薇

先日、初めて代々木公園の薔薇園のあたりを通りました。

梅雨時で、もう日暮れていて、ひかりが足りないなと思いながら、
乙女チックな色合いに惹かれて携帯で撮った薔薇の花。


代々木公園薔薇

光量が足りないのが、かえって幸いしたのか、
紗がかかったように淡く、夢のように儚げ。

偶然の一瞬を切り取る。
写真はやはり面白いと思います。


スポンサーサイト



別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

井上ひさしさんの『雨』

傑作と名高い「雨」、新国立劇場で初めて観ました。

この梅雨の季節に臨場感あふれる演目。
ささめやゆきさんのイラストによるポスターは愛らしいけれど、
じっくり見るといろんなイメージが湧いてきます。

雨ポスター

別の人間になり替わろうとして、
残酷な罠に落ちる主人公・徳を市川亀治郎さん。
彼を受け入れ、支えるかに見えて、
非情な最後通牒をつきつける女房おたかを永作博美さん。
絶妙の間合いと瑞々しさ。

歌舞伎を思わせる見せ場。
面白く、おそろしく、目を離せない展開。
人間味あふれる山形弁が奏でるメロディー、シンフォニー。
ざっくりと残酷なようで、人間のしたたかな力強さを突きつけられるような。
素晴らしかったです。

井上ひさしさんのすごさを改めて思い知らされました。
これは氏が42歳の折、オーストラリアに長期滞在中に書かれた作品だとか。
母国語でない言葉に囲まれて暮らす体験が反映されているのでしょう。


劇場ロビーには劇中にも出てくる紅花がすくすくと並んでいました。

ロビー紅花

実際の紅花畑の写真パネルも展示。

紅花パネル

山形はまだ訪れたことのない土地。井上氏の故郷ですね。
いつか実際にこの景色を見てみたいものです。


別窓 | 演劇 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |