FC2ブログ

ふみ函

「是!」展のボンボニエール

学習院大学資料館コレクションの「是(これ)!」展へ。

小さなスペースながら絵画、屏風、工芸品など逸品揃い。

ボンボニアール2

これは銀製のちいさな菓子入れ”ボンボニエール”のひとつ。
フランス語のbonbonniere(ボンボン入れ)から来ているとか。
皇室・華族家などの慶事の際に配られるもので、
この複葉機型のほか、兜のかたちだの、いろいろな意匠が楽しい。
中には金平糖が入るのだそうです。愛らしいこと。

11月7日からのⅡ期には牛車形のボンボニエールが展示されるそうなので、
また足を運んでみましょう。



スポンサーサイト



別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

元永定正さんと「もともと」

先日、画家の元永定正さんの訃報を知って驚きました。
谷川俊太郎さんの言葉に絵をつけた絵本「もこ もこもこ」などで有名な方。

もこもこもこ

具象的ではなく抽象的な絵なのだけれど、
色がとてもきれいで可愛くて、気持ちのよい世界。

伊賀市のお生まれで、アトリエもそこにあったご縁から、
市内の桔梗屋織居という和菓子屋さんで、
氏の絵本のキャラクターを模した「もともと」という干菓子が販売されています。

もともと

以前、伊賀に住むお友達が送って下さった時、
あんまり愛らしいので写真を撮っておきました。
パステルカラーで上品な甘さ。

これは「カニ ツンツン」という絵本がもとになってるとか。

シンプルなものは強いですね。

元永さん、素敵な作品をたくさんありがとうございました。
ご冥福を祈ります。


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

御会式の万灯

毎年10月の16日から18日は、雑司が谷鬼子母神の御会式(おえしき)

昨夜は地元の練り歩き。
今夜は不忍通りから目白通り、参道へと至る護国寺コース。

夜の闇に浮かぶ枝垂れ桜状の万灯は、いつ見てもファンタジック。
江戸の昔とつながっているような気がします。


万灯


明日が最後の池袋コース。
もっとも長く、もっとも参加する講が多く、もっとも遅くまでの練供養。
だんだん疲れがたまって来てますが、頑張らなくちゃ。


別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

デュランタの紫

すっかり秋の空気に入れ替わりました。
夏から咲いている花も、秋となると色合いがさらに目に染みる気が。

デュランタ

デュランタ(Duranta)の青紫は、
花弁のふちが白く縁どられてなお引き立ちますね。
茉莉(マツリ)属の仲間だけに、
紫から白に変化する二色が綺麗なニオイバンマツリの色合いをも思わせます。

この花の名は、16世紀頃の人物で、ローマ法王の侍医でもあり植物学者でもあった
Durantes(デュランテス)の名から来ている、と辞典にはありましたが、
どんなゆかりがあるのか、由来は分からず。
イメージが分からなくてちょっと物足りない。

台湾連翹(タイワンレンギョウ)という和名もありますが、
実際にはメキシコ原産とか。
もっとしっくりくる和名があると嬉しいのですが。


別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |