FC2ブログ

ふみ函

落花、落葉、落っこちそうなもの

小石川植物園で、その他に見つけたもの。
ぬかるみの上の椿の落花。


紅白落椿


こんなに綺麗に整っているのは、
どなたか戯れに並べられたのでしょうか。
白い花の筏(いかだ)に一人乗る紅の姫のよう。


落ちてきたヤドリギ葉


こちらは落ちてきたヤドリギの葉と茎。
両手を思い切り伸ばして羽ばたくような。


高い高い樹上の、小鳥の巣のような茂みから
舞い降りてきたんですね。


樹上のヤドリギ


こちらはまた、恐竜の首の骨みたいな、
クレーンの先端みたいなかたちの、
芭蕉の茎と花。

この凸凹したところに、
ぐるりと小さいバナナの房が付いてたんですね。
花の時期も終わり、重たく垂れた先端は、
なにかの錘のようにも見えます。


芭蕉の実


自然のかたちはどれもユニーク。



スポンサーサイト
別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

白梅の花

まだ少し早いかな、と思いながら小石川植物園を訪れたら、
梅林にはすでにたくさんの花をつけた樹も。


梅林の白梅


いつ見ても清々しい花。
萼(がく)の紅いろが、また一段と花びらの白を引き立てて。


2015白梅


いろんな方を向いて咲くので、
どんな角度からも見飽きません。
梅花を裏側から描いた「裏梅」という家紋もありますね。


白梅裏


高野文子著「ドミトリーともきんす」の、
マキノ君描く梅の花(p.42)を思い出しました。
【牧野富太郎植物図「ウメ」2881】(所蔵:高知県立牧野植物園)


マキノ君の梅


こうして見比べてみると、
この写生図の生き生きとした見事さに、改めて感嘆します。





別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

乃木坂~表参道で見つけたもの

何度か歩いている道筋で、
突然、あ、こんなものが!と気付くことがあります。


馬車オブジェ


乃木坂の桂由美ブライダルハウスの白い建物は、
高くそびえて目を引きますが、
そこにこんな馬車のオブジェがあったことに、
初めて気づきました。

教会を思わせる鐘の上のオブジェ。
馬車に乗る男女は、二人の新しい人生の旅に乗り出すのでしょうね。


桂由美ビル


そのすぐ近く、青山霊園の方へ抜ける道にとめてあった自転車。
すっきりした青と白の二色。
後ろの車輪が面白くて、思わずパチリ。
これもまた路上のオブジェのよう。


乃木坂自転車


道なりに青山霊園を抜け、
根津美術館前の交差点で右に折れると、
道の向こう側に、パッチワークみたいな面白い建物が。

気になって後で調べてみたら、
糸井重里さんが主宰するウェブサイト
「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」のお店でした。
名前はTOBICHI
「飛び地」という意味ですね。とてもユニーク。


TOBICHI.jpg


表参道まで歩いて来て、
一本裏通りにある「パールズ・オブ・ニッポン・リミテッド 」の建物。
窓外の手すりの渦巻き模様が、
なんだかト音記号を思わせます。


ト音記号のような窓枠


本日の散策は収穫多し。


別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

東博の羊と古風な部屋

遅ればせながら、東京国立博物館の
「博物館に初もうで~ひつじと吉祥~」展へ。

恒例の干支にまつわる展示も、今年で12回目を迎え、
一巡したとか。


東博芝生羊像


まず前庭で出迎えてくれるのは、
朝鮮時代の羊の石像。
王や両班の墓を守るために造られたもの。


東博芝生羊像2


「伝金庾信墓護石十二支拓本のうち未」。
これも墓守の羊ですか。
顔は羊ながら身体の方は逞しい武人。


羊人


見立ての天才絵師・歌川国芳の「よきことを菊の十二支 」。
十二支の動物が皆もこもこの菊人形状態。
手前の中央が羊さん。
クッキーを貼り合わせたようにも見えて、
草をもぐもぐ食んでいるのも可愛らしい。
さすが国芳!


菊の十二支


二階への階段を上がった正面に飾られている
お正月のお花も毎回楽しみです。
凛とした松竹梅。
梅枝の白っぽい苔も、雪がかかったような趣。


東博正月活け花


いくつにも分かれた展示室は、どれも見応え十分で、
最後は息切れしてしまうほどですが、
展示室合間のスペースもゆったりとしていて好きです。


タイルの部屋扉


一階の15室「歴史の記録」と16室 「アイヌと琉球」の間にある、
中庭に臨んだこのお部屋の美しさ。


タイルの部屋壁


床も壁も天井も、お部屋自体が美術品。


タイルの部屋梁


古風な肘掛椅子に腰かけて、
お庭を眺めるのも贅沢なひとときです。


タイルの部屋肘掛椅子



別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

羊手拭と葉書

明けましておめでとうございます。
2015年、ひつじの年ですね。

職場図書館でいただいた羊手拭((株)資料保存器材さん制作)と、
切手の博物館で購入した羊絵葉書でご挨拶。


羊手拭いとハガキ


良き年でありますように。
今年もよろしくお願いします。


別窓 | 挨拶 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |