FC2ブログ

ふみ函

「桜の園」を読み返す

「桜の園」(新国立劇場)を観て来ました。

チェホフの戯曲は以前読んだこともあるし、
何しろ有名でイメージだけは色々持っていたのですが、
実を言うと、実際に通して見るのは初めて。

今回は何といってもラネーフスカヤ夫人を田中裕子さん、
商人ロパーヒンを柄本祐さんが演じるのが観てみたかったのです。
ミーハーですね。

田中裕子さんのラネーフスカヤは素敵だった!
「子供部屋、なつかしい、きれいなお部屋…
わたし子供のころ、ここで寝たのよ。
…今でもわたし、まるで子供みたいだわ…」
台詞がやわらかくよく通って、品があって、
どこかあどけないようで。
それでいて、ユーモラスでもあって。

「まあ、どうなすったの、ペーチャ?
どうしてそんなに風采が落ちたの?
なんだってそう老けなすったの?」
などの台詞のおかしみと言ったら。
たくまざる愛嬌がある感じ。

柄本祐さんは独特の存在感。
台詞はおそらく意図的に、つらつらっと一本調子のようで、
でくの坊のような異物感がありました。
でも台詞も佇まいも、ところどころ驚くほどお父様似。


「桜の園」本


今回の台本は神西清訳のもの(新潮文庫)。
滑らかで耳に心地よく、とても自然に感じられました。

「桜の園」は、もう少し持って回った言い方だったような気がしていて、
あ、そうか、と帰ってから引っ張り出したのは、
吉田秋生さんの『櫻の園』

以前映画化もされましたが、
毎年必ず創立祭にチェホフの「桜の園」を上演する、
私立の女子学園の物語。
演劇部がその稽古をする場面で、
台詞のいくつかが引用されているので、
そこだけ記憶に残っていたのです。

こちらは湯浅芳子訳(岩波文庫)によるもの。
冒頭のラネーフスカヤの台詞は、
こちらではこうです。

「子供部屋、あたしの可愛いすばらしい部屋
…あたしはここで眠りました 小さかったときに…
今もあたしは小さい子のようよ…」


なんとなく、ちょっと硬い感じ。
神西訳のほうが、声に乗せやすいんじゃないでしょうか。

最も違うな、と思ったのは、
夫人の従僕のヤーシャとちょっといい仲になる、
小間使いのドゥニャーシャと彼のやりとり。
漫画『櫻の園』では第二章(Vol.2)「花紅」で、
ドゥニャーシャ役の志水由布子と、
ヤーシャ役の杉山紀子の稽古場面に出てきます。

ドゥニャーシャ
「せめてちらりとくらい見てくださってもいいのに
ヤーシャ あなたはお発ちになる…
あたしをおすてになる…」
ヤーシャ
「何を泣くことがあるんだ?六日たてばおれはまたパリだ。
明日は急行列車に乗って揺られていく
おれたちを見るのもこれきりさ」


神西訳ではこう。


「ちらりと一目くらい、見てくれたっていいじゃないの。ヤーシャ。
あなたは行ってしまうのね…あたしを捨てるのね…」

「何を泣くんだ?六日すりゃおれはまたパリだ、
あした特急に乗りこんで、目にもとまらずフッ飛ばすんだ」



訳によってずいぶん耳ざわりが違うんですね。
ちょっとぎこちない言い回しにも味わいはありますが、
今回、私は滑らかで生き生きした神西訳に、
とても好感を持てました。


スポンサーサイト



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

目白聖公会のステンドグラス

目白通り沿いの教会目白聖公会
通勤の際、いつもこの前を通るようになりました。


目白聖公会


夜になると照明に浮かび上がる正面のステンドグラスは、
教会HPによれば、英国トゥルロー教区にあるエピファニー修道院から、
1985年に寄贈されたものとか。
造られたのは百年余り前とのこと。


ステンドグラス


「聖家族」、美しいですね。



別窓 | 建築 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

晩秋の色

歩いていて、ふっと鮮やかな色に目が吸い寄せられました。
お店の隣の、駐車場らしい空き地に白と黄色の菊仕立て。
白は千輪作りの大菊。
黄は懸崖作りの小菊。
見事。


菊仕立て


蔦の葉も美しく色付き始めました。
秋の彩りですね。


代官山の蔦


街角にも秋の色を感じる季節。
渋谷区東から代官山あたりにて。


別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |