FC2ブログ

ふみ函

鎌倉近代美術館にお別れ

鶴岡八幡宮の境内、
平家池にせり出すように建つ白い建物。

鎌近(カマキン)の名で親しまれてきた
神奈川県立近代美術館 鎌倉館の、
一般公開最後の日。


鎌倉からはじまった


日曜美術館(2015年12月13日放送分)で
この鎌倉館の閉館を知り、
最後にちゃんとお別れに行きたいと思いつつ、
とうとう本当の最後の日となってしまいました。

予想通り、別れを惜しむ人の波。


神奈川近代美術館階段


1951年11月に竣工とのことですから、
この地で65年の歴史を重ねて来たのですね。

東京から鎌倉めぐりには折々訪れましたが、
やはり神社仏閣や山路の方が主眼で、
美術展にまで行くのは時間的に難しく。

ちゃんとこれを観た!と記憶しているのは、
・ ホルスト・ヤンセン展-いま、ここに咲く!悪の華-
(1982年4月~5月)
・清宮質文―木精の魔術師―
(1997年10月~12月)
の二つの展覧会くらい。

それでも静かな雰囲気や、
建物を取り巻く景色には、
とても好感を持っていました。


ポスター掲示窓


一階チケット売り場近くの外壁や柱。
大谷石がとても良い味わい。


階段手摺


二階展示室から一階部分へと降りる
階段の手摺にも年季が。


上から見下ろす「こけし」


二階通路から見下ろした
中庭の彫刻作品。
イサム・ノグチの「こけし」。

建物は四角い中庭を中心に、
その周囲を取り巻くように構成されています。


大谷石壁の穴


中庭を取り巻く大谷石の壁に、
採光窓のような”抜け”部分があるのも面白く。

内側から中庭側を覗くと、
こんな感じ。


壁穴越しの中庭


ル・コルビュジエの弟子である
坂倉準三氏の設計。

パリ万博日本館も手掛けられた方だそうですが、
その時に目指されたという、
平面構成の明快さ、
素材の自然美の尊重、
建物を囲む自然(環境)との調和、
などの設計思想は、
この鎌倉館にもそのまま通じていますね。


池上の彫刻


池の上にも彫刻が立っていました。


テラスから見る池


このテラスからの眺めは素敵。
緑を映し、表情を微妙に変える池の面が目に優しく、
建物を堂々と支える列柱は、
シンプルながら厳かな感じ。


ピロティと池


あ、雲が切れて陽射しが!
水面の波紋が反射して
白い天井に光と影の模様を映し出します。

雨や曇りの日には望めない光景。
最後にこれが見られて良かった。
幸運でした。


反射光


出口近くの水飲み場。
このデザインもレトロで良いですねえ。


水飲み場


本当にレトロモダンで素敵な場所でした。
もう来られないのが残念です。
これまでありがとうございました。



スポンサーサイト



別窓 | 建築 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

水天宮新社殿の色

長らく改築中の水天宮
現在お参り出来るのは浜町の明治座近くの仮宮ですが、
久々に本社殿近くを通ったら、
すでに形となっている新社殿が見えました。


水天宮新社殿


ちょっと吃驚したのは、
手水舎かな?と思われる建物の屋根と、
大きな鳥居がぴかぴかに光り輝いていたこと。
作りたての銅製だからでしょうか。
銅(あかがね=赤金)色とはまさにこのこと。


水天宮新社殿3


そういえば新しい十円玉は、
こんな色でぴかぴかでしたね。
年月が経てばその色も変化してゆきますが、
今はまだ目映すぎて落ち着かないような気も。

新社殿への遷座は、
今年四月上旬予定だそうです。


水天宮新社殿2

別窓 | 建築 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

両国橋

両国に来るのは久しぶり。
綺麗な冬晴れの空。


両国橋柱


今日も隅田川にかかる両国橋をくぐって船がゆきます。

あれ、この横から見た橋の腹の部分、
以前は確か赤だったはずなのに、
白になってる…?
いつから変わったのかしら。


両國橋下の船


帰ってから調べてみたら、
少なくとも2009年夏にはこういう色でした。
その後の改修で塗り替えられたんでしょうね。

昔の携帯で撮ったものだから画質は今一つですが、
個人的には赤のほうが好きかな。


両国橋2009


それにしても気持ち良いお天気。
橋上の歩道と車道の境のガードレールも、
くっきりと軍配団扇と花火のかたちの影を映して、
両国らしい影絵ですね。


軍配団扇と花火型柵



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

申年の「博物館に初もうで」

恒例の「博物館に初もうで」のため
上野の国立博物館へ。


博物館門松


正門前には、
年の初めを寿ぐにふさわしい
スケールの大きな活け花。
すっきり晴れ渡った晴天に映えますね。


階段上活け花


館内の作品も清々しく立派。
活け花も毎年の楽しみです。
いずれも真生流・山根由美氏の手になるもの。


「猿猴図」狩野山雪


申年の今年の特集は「猿の楽園」。
リアルなものはいささか怖いのですが、
ポスターのデザインにも使われた
こちら↑のお猿さんは本当に愛らしいこと!(狩野山雪「猿猴図」)


「百猿図」狩野探信


ちいさな子ザルも入り乱れて鎖のように連なる
狩野探信の「百猿図」や、
ほっこりした雰囲気の岩佐勝重「猿猴芦雁図」なども、
微笑ましくて見飽きませんでした。


「猿猴芦雁図」岩佐勝重



別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

乙女・聖母

薬王院門前の細い道で、
ふと目についた街路灯の表示。


乙女聖母街路灯

新宿区街路灯
下落合4-004








 氷川 159
→     ←
(地)   (架)
聖     乙
母     女
線     線



この近くには氷川神社があって、
左手に行くと「おとめ山公園」、
右手の上の方には「聖母病院」がありますから、
この表示はその名称を基にしているかと思います。

ただし「おとめ山」は「乙女山」ではなく「御留山」。
江戸時代にこの一帯が徳川家の狩猟地で
一般人の立ち入りが禁止されていたからだとか。

でも「乙女・聖母」と並ぶと、
なんとなく処女にして聖母のマリア様を連想しますね。


別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

薬王院の牡丹と水盤

お天気も良いので、
ぶらりと下落合の薬王院へ。

薬王院

春は牡丹の花見で賑わうところですが、
今はひっそり静か。

冬牡丹なのか、
一輪だけ花の色が見えました。


冬牡丹一輪


正月飾りも清々しい庫裡の前に
どんと立派な水盤。


水盤


この動物は獅子でしょうか。
毛足の長い犬の狆(チン)のようにも見えますね。
ちょっとエキゾチックな感じ。


水盤の獅子


普通ならお正月のこの時期は、
上にうっすら氷が張ることもあるでしょうが、
今年はうらうらと水ぬるむ頃を思わせる景色。
のどかな陽だまりです。


水盤の中



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

新年

2016年、穏やかに明けました。
温かく良いお天気で何よりです。


神楽坂ぽち袋と亀戸梅屋敷


新しい部屋で迎える初めてのお正月。
年末に出かけた神楽坂で買った、
一鷹、二富士、三茄子というおめでたい柄のぽち袋を、
額に入れて飾ってみました。
後ろは広重描く江戸名所「亀戸梅屋敷」。


おせち2016


何はともあれ、ささやかな手作りおせちを
今年も並べることが出来る倖せ。

今年もよろしくお願いします。




別窓 | 挨拶 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |