FC2ブログ

ふみ函

雛壇の人形飾り

弥生の月も近づいて来たので、
去年と同じように、
職場にお雛様を飾りました。


雛壇


なんとか工夫して四段拵えてみましたが、
もともと狭いスペースなので、五段は難しく。
お膳や菱餅はちょっと別扱いにして、
お盆に並べて脇にお供え。


菱餅お膳


昔の田舎のような広い間取りだと、
床の間やら仏間など、
一部屋を雛人形の飾り部屋に充てたものですが、
余裕がないと厳しいですね。

私が持っているのは昭和30年代のお雛様。
今回、改めて人形一揃いを収めた箱の蓋の裏の説明を見たら、
五段、七段どころか、道具や人形がもっと多い場合は、
どんどん段を増やして良いとあります。

配置図の例を見ると、下の方には
様々な人形が並んでいて吃驚。
七つ道具を背負った弁慶らしい人形やら、
鏡獅子に絡む可愛らしい一対の胡蝶らしき人形やら。
昔は趣向を凝らして楽しむ方が多かったのでしょうか。
なんと贅沢なこと。


雛人形の飾り方


説明文の言い回しにも時代を感じました。
興味深かったのでここに挙げておきます。

<御雛人形の飾り方>

雛壇は普通五段か七段でありますが別に規定はありません
お雛様やお道具の多い場合には段数を増すのは御自由です
お人形及び御道具の数に依て飾り方も多少違いますが
十五人揃の外はお人形や御道具もいろいろの種類がありますから
数に依て飾方の配分は任意にお飾りになれば宜しいのであります 
通常の飾り方は概ね左圖の通りであります

<お人形のしまい方>
お雛人形やお道具は絶對に湿り氣のない處に置かねばなりません
然しあまり乾燥しすぎる處でもよくありません
お雛様をおしまいになる時は羽ハタキでていねいに塵をよく拂い
桜紙のようなやわらかい紙で二重に包みます
手足の指など細かい處は折れ易いから綿で包み箱におさめ
空いて居る處へは動かぬように新聞紙をま丸めて詰めます
そうして「樟脳」又は「ナフタリン」等防虫剤を紙に包で入れておいて下さい



とても丁寧で細やかなこころ配りですねぇ。
いつのまにかぞんざいな扱いになっていたことを反省。
もっと大事にしなくては。



スポンサーサイト



別窓 | 小物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

花の彩(いろど)り

道端にぽたっと落っこちていた椿の花。
とても綺麗なコサージュのよう。

水を張ったお皿に浮かべてみたら、
フリルのような花弁の色で、
机上がぱあっと華やかに。


皿椿1


こちらは近くで見かけた鮮やかなパンジー。
青紫の蝶々の群れのようで、
今にもはたはたと羽ばたきそう。

まだまだ寒い日が続くけれど、
目にする彩りは春めいてきましたね。


青紫パンジー




別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バレンタインチョコ

大荒れだった天気も昼頃には収まり、
ぽかぽか陽気になった日曜日。

夕方、馴染みのお風呂屋さんに行ってみたら、
本日の薬湯は「チョコレート湯」。


豊川浴泉入口


「Saint(セイント=聖) Valentine(バレンタイン)」
をもじっての
「銭湯(セント) バレンタイン」イベントなんですね。

さすがにチョコレートそのものを溶かした湯ではありませんが、
カカオバターの良い香りがして、ちょっと贅沢気分。
おまけに番台からチョコレートのプレゼントまで。


銭湯バレンタインポスター


長年銭湯に行っていますが、
バレンタインチョコをいただいたのは初めて。
今年初の企画なんでしょうね。
思いがけぬ幸せ。
ありがとうございます。

一番手前が銭湯でいただいた、
ハート型チョコ詰め合わせ。
ついでに先日ロシア雑貨店マリンカで買い物をした際に、
おまけにいただいた愛らしいミニチョコも並べてみました。


バレンタインチョコ2016


一番大きいのはその時自分で買ったロシアチョコですが、
すごい存在感ですね…





別窓 | 記念日 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

枯れ芙蓉

枯れ芙蓉


冬曇り

乾いた梢に

産毛(うぶげ)立ち

鈍色(にびいろ)の光を抱(いだ)く


「枯れ芙蓉」詩画



枯れ芙蓉2





別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鎌倉巡りあれこれ

今回の鎌倉行き、
まずは鎌倉近代美術館の見納めが目的でしたが、
せっかくなので、少しはあたりを巡りました。


苔屋根の戸口


北鎌倉で降り、
浄智寺脇から源氏山公園方面へ上ってゆく小道は、
私の定番コース。


苔屋根


こういう山沿いの景色を見ると、
ああ鎌倉だなあと感じます。
谷戸の風景。


たからの庭への道


鎌倉館を観た後は、巨福呂トンネルを通り、
美術館別館も訪れたので、
必然的にそのまま県道21号線を歩いて、
振出しの北鎌倉方面へ。
車道は滅多に通らないのですが。


高梨商店


建長寺近くのこの商店、
看板に味わいがあるなあと思ってカメラを向けました。
あとで調べたら、2年ほど前に閉店したとのこと。
すぐお隣の鎌倉学園の公式サイトに高梨商店閉店を惜しむ記事が。


高梨商店看板


ぽつぽつと現れるお店が、
なんだか面白いですね。
青磁色の屋根、クリーム色の板壁の、
素朴なペンキの色合いが可愛らしいこと。


水蓮本店


何のお店かと思ったら、
パワーストーンなどの天然石を扱っている
「水蓮」という石屋さんだそうで。
土地柄ですね。


水蓮本店2


カーブミラー備え付けの門から、
にょきにょき首を延ばしている
バラの花のようなかたちの多肉植物は、
エケベリア属のリナシナでしょうか。
なんとなくシュールな光景。


多肉植物とミラー


最後に北鎌倉駅のホームから見た、
トタン屋根の家々。
何だか版画にしたいような風景でした。


北鎌倉駅近くトタン屋根




別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |