FC2ブログ

ふみ函

さくらんぼ

結構なお値段なので、
自分ではまず買うことのない、さくらんぼ。
知り合いの方が贈ってくださいました。
ありがとうございます。


箱入りさくらんぼ


つやつや。
ぴかぴか。
口に入れるのが勿体ないほど綺麗!


織部高台さくらんぼ


食べる前の記念撮影に、
緑の釉のいろが鮮やかな
織部高台に載せてみました。
いちだんと映えますね。  




スポンサーサイト
別窓 | 食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

夏色花散歩

ブーゲンビリアの花は鮮やか!
いかにも南国の花のイメージ。


ブーゲンビリア


うっそうとしたジャングルのように茂ってますが、
実はここ、都心部の千代田トンネルの上あたり。


ブーゲンビリア茂み


国立劇場の裏手、
半蔵門駅寄りの国立劇場通り沿いには、
これまた彩り明るいランタナの花も。


ランタナ


梅雨時の花は瑞々しい色のものが多く、
散策の目を楽しませてくれます。
半蔵門から麹町、九段下へぶらぶらと。


牛ヶ淵土手立葵


武道館を背景にすっと立つ
牛ヶ淵土手の立葵は風情ですね。




別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

銀合歓(ぎんねむ)

南蔵院(豊島区高田)の塀の傍を通りかかったら、
なんだかふわふわした白い綿毛のような花が。


白合歓2


あれれ、こんなの前はなかったぞ。
これ何の花かなあ、と写真を撮りつつ、
じっくり眺めてみたら、どうも合歓木(ねむのき)の仲間みたい。
莟の付き方や、オジギソウみたいに夕暮れ時に閉じる葉っぱは、
まぎれもなく同じ類。


白合歓


帰宅してから調べてみたら、
やはり合歓の木の仲間、銀合歓(ぎんねむ)。
本家の合歓の花は綺麗な朱鷺いろで、
扇形に広がりますが、こちらは球形。
竹製の耳かきに付いている
梵天(ぼんてん)によく似ていますね。

もともとは熱帯アメリカ原産。
沖縄や小笠原では野生化しているそうですが、
目にするのは初めて。
こんな花ですが、実はマメ科の仲間なので、
今に長い豆の莢(さや)がぶら下がるはず。

お寺で塀を改装した時に、
新たに植えられたのでしょうか。
つくづく眺めていたら、
二人三人と、立ち止まって見入る方が続きました。



別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

チェンバロと筝と能の世界

「聞いて、触って、体験する、音楽」と題された
コンサートとワークショップに行って来ました。
(6月11日~12日、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール)


聞いて,触って体験する音楽


11日の夜はコンサート「チェンバロと二十五弦筝の世界」。
-------------
成田為三「浜辺の歌」
F.クープラン「恋するうぐいす」
吉沢検校「千鳥の曲」
L.クープラン「プレリュード」
J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲第一番より プレリュード」
フォルクレ「ジュピター」
中井智弥「紅蓮の炎」

J.S.バッハ「シャコンヌ」
八橋検校「乱れ」
中井智弥「二人静」
-------------

一般的な十三弦の筝には馴染みがあるのですが、
二十五本もの弦を持つ筝を見るのは初めて。
幅もあるので、平面的な台ではなく、斜めの状態にセットされ、
立って演奏されるのに目を惹かれました。
ダイナミックで自由自在、何でもござれの印象。

奏者の中井智弥さんが作曲された「紅蓮の炎」は、
メロディがはっきりと立ち上がっています。
歌詞をつけて唄うとカッコいいだろうなあ、と。
坂本冬美さんの「夜桜お七」を初めて聴いた時のように、
斬新なイメージ。
三味線もなさるそうで、舞台袖から持ち出してこられ、
プログラムにはない「梅にうぐいす」の小唄まで唄われて。
楽しい楽しい。

対してチェンバロの方は、音が響いたとたんに、
ああバロックの時代!という雰囲気になりますね。
普段目にする機会がないだけに、
なんと綺麗な、工芸品のような楽器だろう、
と目を奪われました。


チェンバロ


舞台の上は撮影禁止ですが、
ホール脇の通路に置いてあった一台は、
カメラOKとのことで、撮影。


チェンバロ2


チェンバロって鍵盤が二段になっているんですね。
それにしても蓋内側の風景画や、
弦の下の花模様など、本当に凝ったつくり。
粋をこらした美術品という感じ。


チェンバロ4


翌12日はワークショップ「能の動きをやってみよう」に参加。


松羽目


鏡板がセットされ、所作台が引かれた上で、
扇の持ち方、置き方、構え、摺り足などを教わりました。
なかなか思うようには行かないけれど、
気持ちの良い緊張感。

講師の山井綱雄さんは金春流の能楽師。
金春流は能楽の五流派の中で最も古く、
聖徳太子に近侍した秦河勝が初世とされているとか。
長い歴史を持っているのですね。

身近にこういう体験が出来る場があって、
ありがたいことです。
また機会があれば参加してみたいなあ。


別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

花屋の西瓜

いきなり夏本番のように暑くなった日に、
水にぷかぷか浮かぶ西瓜を見かけて、
涼を感じました。
目で涼ませてくれるって良いですね。


花屋の西瓜


東急線学芸大学駅西口商店街の
お花屋さん前にて。



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |