FC2ブログ

ふみ函

宇都宮巡り(6)大谷資料館

聞きしに勝る大谷石の街だなあ、と感服するにつけ、
その石の採れる大谷町の現地は、
この目で確かめねばなるまい、と、
旅の最後にバスにて30分の大谷資料館へ。


大谷3


最寄りのバス停から見える景色が、
すでに尋常ではありません。
なんだか歌川国芳の「相州江之嶋之圖」の
異形の風景を思い起こさせます。


大谷2


石を切り出した直線の窪みが、
自然界にあらざる不思議な印象。

これらの石が街に運ばれ、
塀や蔵や石像として加工されたのですね。


大谷1


資料館への道の脇に停められていた
年代物のトラック。


大谷石トラック2


かつてはこういうトラックの荷台に石を積み、
どんどん運び出していたのでしょう。


大谷石トラック


資料館の階段を下りてゆくと、かつての地下採掘場。
1919年(大正8年)から1986年(昭和61年)までの約70年間、
大谷石を掘り出した結果、出来たという巨大な地下空間。


大谷地下


外は汗ばむ暑さなのに、中はひんやり。
神秘的なライティングのせいもあって、
黄泉の国を巡っているよう。
映像作品のロケやイベントが
さかんに行われているというのにも納得です。
ここはまさに別世界。


大谷地下2


様々なオブジェが飾られていました。
こちらは假屋崎省吾さんの生け花。


大谷地下3


坑内から見た地上側。
闇の世界から垣間見る緑とひかりの眩しさ。

古事記に出てくる黄泉比良坂(よもつひらさか)を
思わずにはいられませんでした。

すごい場所だなあ。



スポンサーサイト



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇都宮巡り(5)スフィンクスと童子

県道一号線の道端で、
いきなり出くわしたスフィンクス。
吃驚しました。


県道一号線沿いのスフィンクス


とてもよく出来ていて、
刻まれたヒエログラフも本物らしく、
安っぽさなど微塵もありません。

後姿には愛嬌がありますね。
大きめの狛犬のような存在感。


スフィンクス後姿


でも一体何故ここにスィンクスが?
と、あたりを見回したら、近くにあったのは
ギャラリースフィンクス(城東2丁目1−12)。

看板代わりの目印なのでしょうが、
入口とはやや離れているので、
独立して異彩を放っている感じ。


ギャラリースフィンクス


こちらもふっと目を惹いた像。


新光社前石像


大通り沿いの新光社印刷(大通り2丁目4-1)
の前に立つ、大谷石造りの童子。

石仏めいていますが、
ぽっこりした身体がなんとも愛らしくて、
心なごみます。


新光社前石像2


うっかり、像の名を記し損ねてしまいました。
分かる方がいたら、
教えていただけると幸いです。


別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇都宮巡り(4)二つの教会

大谷石造りの素敵な教会があるというのは、
事前にちょっと耳にしていたのです。
それは是非この目で見なくては。


松が峰教会


東武宇都宮駅からそう遠くない、
市の中心部に建つカトリック松が峰教会(松が峰1-1-5)
噂通りの壮麗なお姿。


松が峰教会2


ここだけ見ると、
どこか異国にでも来たような気分。
1932年(昭和7年)の竣工。

内部も素晴らしいとのことですが、
残念ながら先を急ぐので外観のみ拝見。

教会脇の奥まった場所には、
松が峰幼稚園が見えました。


松が峰教会3


もうひとつは宇都宮聖ヨハネ教会(桜2-3-27)。
こちらはこぢんまりと可愛らしい雰囲気。
竣工は一年遅れの1933年(昭和8年)。


聖ヨハネ教会


この石の色は温もりが感じられて良いですね。
ここにもやはり併設の愛隣幼稚園がありました。


聖ヨハネ教会3





別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇都宮巡り(3)釜川遊歩道と昭和館

大通りの先に進むと、
小さな釜川にかかる都橋。
この橋柱も大谷石ですね。


釜川都橋


遊歩道の景色もなかなか素敵。
この先を左に行けば、
県庁に至る中央通り。


釜川遊歩道


中央通りの街路樹はマロニエ。
そうか、マロニエって西洋トキノキですよね。
栃木(とちぎ)県を体現する樹だからぴったり。


マロニエの並木道


昭和13年に建てられたという昭和館
第四代栃木県庁舎として長く親しまれ、
今は記念館となっているとか。


栃木県庁昭和館


この正面玄関や、
復元されたという階段の手摺も素敵。
元々の手摺は、戦時中に
金属供出の為失われたそうです。


昭和館入口


すでにお昼近くになっていたので、
二階のふくしレストランで、
旬菜プレートをいただきました。
美味しかったです。


昭和館階段



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇都宮巡り(2)二荒山神社

長い石段を上り、
二荒山神社に参拝。


二荒山神社


歴史ある大明神。
気持ちも自然に改まります。


境内木漏れ陽


境内には十二の末社が祀られています。
須賀神社・市神社あたりの木漏れ陽の綺麗なこと。


石畳


石畳の石も味わいがありますね。


神馬像


神紋の三つ巴をつけた
神馬の像は凛々しくて素敵。


裏手竹林


裏手の竹林も清々しい景色。
神社はやはり別界ですね。


別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇都宮巡り(1)大通り

所用あって宇都宮へ。
初めての地なので、用事の前後に街を散策。
まずは西口からまっすぐに大通りへ。


宮の橋上灯


よく晴れた空に、宮の橋の橋灯が映えます。
趣があって素敵。


宮の橋公衆トイレ


この建物も良いなあと思ったら、公衆トイレでした。
さすが大谷石産地で有名な宇都宮。
素材が良いと、見栄えしますね。


宮の橋と田川


橋から見下ろした田川。
蛇行しているのが絵になります。
でも流れは結構早いし、
降水量が多いと、暴れ川になるのかな。


旅館藤江


古くから栄えた街には、
私好みの古めかしいお店が多く目につきます。
昭和の風情が感じられる旅館。


上田屋看板


馬場町バス停前の化粧品店。
窓上の焦げ茶色に塗られた板の部分に、
「インド政府後援・東京新宿高野FC」
の文字がうっすら透けて見えました。
新宿の高野フルーツと何かご縁があったのでしょうか。


手塚スッポン店


一番のインパクトはこちらのスッポン店。
スッポン、へび、黒焼類、燕焼、猿頭。
お店のウインドウを眺めただけでも、
生々しくすごい世界でした。

でもそういえば、今はないけれど、
かなり以前に、東京・上野でも
こういうお店見かけたような。


別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

さるすべりの花弁

街路樹さるすべりの花


松濤文化村ストリートの街路樹は、
花色とりどりのさるすべり。


マンホールの花弁


朝方の雨に打たれた
フリルのような花弁が、
マンホールの蓋の上に
可愛い模様を作っていました。



別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

松濤文化村ストリート

先月から気になっていたのです。
この通りの街灯のプレート。


松濤文化村ストリート


松濤文化村ストリート?
ここは長年「東急本店商店会」通りだったはず。
何しろここは私の通勤路で、
もう二十年くらい毎日のように通っている道なのです。

東急本店の「東急Bunkamura」はこのすぐ近くですが、
「松濤文化村」の名称は覚えなし。
検索したら、知らないうちにこんな公式サイトが。
”松濤文化村ストリート”
7月29日から公開されていた模様。


二股路のガレットリア


高級住宅地の「松濤」という地名を冠して、
イメージアップがはかられたのでしょうね。
確かにこの辺りはちょっとヨーロッパ風の洒落たお店が点在してます。
公式サイトのトップ画面にも出て来る二股路に面した、
ガレットリアはそば粉クレープのお店。
今の季節は窓辺ののうぜんかずらが綺麗。


窓際のうぜんかずら


二股路の右の道をゆくと、鍋島松濤公園の入口。
元々は紀伊徳川家の下屋敷があったところ。
その払い下げを受け、鍋島家が茶園を開いて
「松濤」の銘で茶を売り出したのが、地名の由来とか。


鍋島松濤公園入口


公演のすぐ脇に建つ
渋谷消防署の松濤出張所は、
戸口のサックスブルーの色が鮮やか。


渋谷消防署松濤出張所


こちらの道沿いにも好きなお店が。
ポルトガル料理のマヌエル


マヌエル入口


お料理も美味しいし、
ちいさな船のキャピンみたいな外装も可愛くて素敵。


マヌエル外壁


おや、でもこの店舗一覧には、
載っていないんですね。
すべてのお店を網羅したわけではないようです。


JMギャラリー


私の古くからの馴染みのギャラリー
JMギャラリーさんも、
店舗一覧には載っていませんでした。

やはり隠れ家的な素敵なお店は、
web検索だけではなく、
自分の足で歩いて、
自分の目で見つけるのが大切。



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |