FC2ブログ

ふみ函

不忍池のゆりかもめ

鈍色の空を映す不忍池。
立ち枯れた蓮の茎を背景に、
一羽のゆりかもめ。


2017冬不忍池


名前にある”百合”は羽の白から。
尾羽根は黒くて、嘴と足は赤。
すっきりした色味です。

在原業平や和泉式部の歌に詠まれた「都鳥(みやこどり)」は、
この鳥のことをさしているとか。
江戸では昔から馴染み深い鳥。
絵になりますね。


ゆりかもめ





スポンサーサイト



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

駒場の梅

今年の梅は咲き始めが早くて、
すでに満開の眺め。
老木もいっぱいに花を付けています。


2017駒場梅


青空に映える紅梅白梅。
あかるい陽射しの眩しさ。
でも風はまだ冷たく。

春よ来い、早く来い。


紅梅白梅

別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

千駄ヶ谷散歩(2)鳩森八幡神社あたり

鳩森八幡神社の名前は以前から知っていましたが、
足を運ぶのは初めて。


鳩森八幡神社


鳩の名にちなんだおみくじのかたちが、
とても可愛いですね。


鳩の森神社おみくじ


神社HPの由緒によれば

『江戸名所図会』によると大昔、此の地の林の中には
めでたいことが起こる前兆の瑞雲(ずいうん)がたびたび現れ、
ある日青空より白雲が降りてきたので不思議に思った村人が林の中に入っていくと、
突然白鳩が数多、西に向かって飛び去った。
この霊瑞(れいずい)に依り、神様が宿る小さな祠(ほこら)を営み
鳩森『はとのもり』と名付けた。



富士塚もありますね。


千駄ヶ谷富士塚


千駄ヶ谷の富士塚として、
都の指定有形民俗文化財に指定されているとか。
なかなか気持ちの良い眺め。


釈迦の割れ石


境内には梅と河津桜が
同時に咲き誇っていました。


枝垂れ白梅

河津桜


境内の敷地はわりと大きめの
三角州のようなかたちですが、
周りを囲む阪をくだってゆくと、
底辺半ばあたりに将棋会館が。


将棋会館の坂


映画「聖の青春」や、
TVアニメ「3月のライオン」で、
すっかりお馴染みになった建物。
この春の実写映画も楽しみです。



将棋会館



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

千駄ヶ谷散歩(1)お洒落な建物

企画展「能絵の世界」を見に
国立能楽堂資料展示室へ。

三種の「能絵鑑」を見比べるという、
とても興味深いものでした。


能絵の世界


いつも能狂言の公演を見に来ると、
半日がかりなのですぐに帰途についていましたが、
今回は時間があるので、あたりをちょっと散策。


ストーンハウス2


目についた石造り外観の建物。
個性的で素敵ですね。
あとで調べたところ、
「ストーンハウス2」というデザイナーズオフィス。
1993年の竣工時にはヴィニア千駄木という名だったようです。


その先に歩いてゆくと、
道の角に可愛らしいお店!


レティア影


水色の壁と白いクリーム飾りが
なんとも印象的。
ソフトクリームとカフェのお店LAITIER(レティエ)
美味しそう。


レティア


歩いているといろんなものを見つけますね。
次は鳩森神社へ。



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |