FC2ブログ

ふみ函

菊地信子コレクション展

「素晴らしい展示だから是非」
と、目白ゆうどの今井さんから教わって、
シルクラブ 中野山田屋へ。

何度か伺っていますが、
ちょっとお久しぶり。


2018シルクラブ1


今回の展示は
「菊地信子コレクション~世界の古裂で着物を遊ぶ」

世界の古裂を愛し、着物や帯に仕立てて身に纏い、
「歩く美術館」とまで呼ばれたという
故・菊地信子さんの着物、帯、帯留め、簪など、
類稀な品の数々。


2018シルクラブ2


展示会場たるこの建物も
シックでモダンで素敵なんです。

若松の描かれた扉。


2018シルクラブ5


こちらの舞台はお能にも使われるそうです。


2018シルクラブ6


こちらの着物の柄は、洛中洛外図。
元禄風な着付け。


2018シルクラブ7


これはまた華やかな!
ハート型を連ねたような紅い文様。


2018シルクラブ8


この古い帯のお花も素敵。
秘密の花園に迷い込んだようです。


2018シルクラブ16


なんと可愛らしい更紗。
飾られていた菊地さんのパネル写真は、
この着物をお召しになっているものでした。

和風のように思えましたが、18世紀のインドのものとか。
帯はインドネシアの印金ジャワ更紗。
半衿はインドの印金のターバン。


2018シルクラブ9


柄on柄のかっこよさ。
着物は18世紀のインド更紗。
帯は20世紀のジャワ島の臈纈染。
半衿はロシア更紗。
更紗は色んな国に伝わっていったんですねぇ。

そう言えば泉鏡花に「印度更紗」という
とても洒落た短編がありましたっけ。


2018シルクラブ12


パネル写真にもあった刀の鍔の帯留。
堂々たる存在感。
着物は14~15世紀のインドの鬼手木綿の更紗。
帯は17世紀のインド更紗。
半衿はコプト裂地。


2018シルクラブ14


様々な素材を生かし、
大胆に使われていることに感嘆。
幅の狭いターバンなども、
纏り合わせて使われています。

一部傷んでいた部分があったのか、
同じ柄のものを、うまくはめ込んで
つなげてありますね。


2018シルクラブ15


芹沢銈介の型絵染に、
浜田庄司の益子焼の帯留めだなんて、
民藝立役者たちの逸品ですね。
帯は龍村平蔵という贅沢さ。


2018シルクラブ17


どこもかしこも
見事な美意識に貫かれた逸品ぞろい。
ただただ見惚れるばかり。


2018シルクラブ18


眼福、眼福。
ありがとうございました。


2018シルクラブ19



スポンサーサイト



別窓 | 展覧会 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

夜の雪景色

大雪の降った翌日。
にわかに雪国のような景色になった中、
ふと足を停めてしまった場所。


岩崎邸雪


南長崎の岩崎邸平屋の瓦屋根。
毎日その前を通っていますが、
今更ながら日本家屋の美しさをしみじみ感じます。

お庭の大きな欅のシルエットを含めて、
童話の世界のようでした。


岩崎邸雪2



別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

雪景色

この冬一番の寒波。
いつもながら雪は風景を一変させますね。


雪の駒場


枝々にぱっと咲いた雪の花。


雪の枝2


どこもかしこも薄化粧して、
物珍しくあちこち眺めているうちに、
雪はどんどん降り積もり。


自転車積雪ゆうど前


停めておいた自転車が
すっぽりくるまれてしまいました。


自転車積雪


別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

博物館に初もうで

1月3日は毎年恒例の東博詣で。

門前の門松には
イイギリの朱い実も加わって華やか。


2018東博1


本館前で女性たちによる和太鼓演奏も。


2018東博2


お正月の気分を盛り上げてくれますね。


2018東博3


回を重ねて来た博物館に初もうで
今年の干支は戌(いぬ)。

古くから親しまれてきた動物だけに、
愛らしい作品が目白押し。


東博犬1


杉戸に描かれた円山応挙の「朝顔狗子図」。
もう問答無用に可愛らしい。


東博犬2


似た感じのこちらの「狗子図」は、
応挙の息子・円山応瑞の筆。
ふくふくと和らいだ優しい絵ですね。


東博犬5


こちらは後漢時代の中国の緑釉犬 。
なんだか漫画みたいにとぼけた感じで、
つい笑ってしまいます。


東博犬3


雌雄一対の犬筥(いぬばこ)は、
子どもの守り神。
独特の表情ですね。


東博犬4


江戸時代の産衣。
紫縮緬地に雪輪笹と子犬の模様 。


東博犬7


そういえばNHK『美の壺』の「日本の犬」の回では、
和犬はしっぽがくるんと上向きに
カーブしていると説明されていましたが、
確かにこれらの作品はいずれも
くるっと曲がった巻尾、差尾ですね。


東博犬6

別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

お正月

2018年(平成30年)が開けました。
今年もよろしくお願い致します。

変わり映えしませんが、
毎年恒例の手作りおせちとお雑煮。
これがないとお正月にならないので。


2018おせち


初湯に行くため、早朝自転車を走らせていたら、
江古田駅近くの材木店で見かけた干支の犬の絵。
子犬が元気いっぱい駆けてる感じ。
微笑ましいですね。

健やかな一年でありますように。


材木店犬絵


別窓 | 記念日 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |