FC2ブログ

ふみ函

変わりゆく渋谷・その3

たまたま近くを通ったら、
渋谷川周辺が様変わり。


渋谷川



そうか、少し前に完成した渋谷ストリームに併せて、
この細々と命を保っていた川も、
整備されたんですね。


渋谷川2


2階通路にはかつての東急東横線の、
かまぼこ屋根とめがね型の側壁が
再現されたようなかたちが。


渋谷ストリーム2


懐かしい!そしてお洒落。
骨組みの影が落ちて、
メッシュ模様になってますね。


渋谷ストリーム3


かつての東急東横線の駅の姿は、
現在、東急本店一階の文化村入り口側の隅に、
ひっそりと飾られているジオラマから偲ぶことが出来ます。

1964年(昭和39年)の渋谷駅を、
150分の1のスケールであらわしたもの。
制作者は武蔵野市の富沢瑞夫・昭子ご夫婦。


過去の渋谷駅周辺模型


以前変わりゆく渋谷駅と題して、
このジオラマとその時の渋谷駅の対比をしました。

その後、変わりゆく渋谷駅・その2や、
東横線高架跡などでも触れていますが、
渋谷の変化は留まることなく続いてゆきますね。






スポンサーサイト



別窓 | 演劇 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

東京の秋空・秋草

原宿秋空


永遠に続くのかと思われた
灼熱の夏もいつの間にか過ぎ去り、
気付けば秋の空。


原宿秋空2


東御苑では薄がすくすくと穂を立て


東御苑の薄


女郎花(おみなえし)の花がくっきりと
秋の訪れを告げていました。


女郎花




別窓 | 植物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

夢見る真珠

普段は足を踏み入れることもない銀座ミキモト。
友人の用事に付き合って、
たまたま開催されていた「感じるパール展」を拝見。

ネオンのような照明に縁どられたケースの中に、
うつくしい真珠アクセサリーが浮かび上がります。

ミラールームなので、
鏡がお互いを映しあって、
無限に増幅してゆく
宇宙のような、
深海のような、
終わりのない世界。


パール展3


端麗。
まるで畳んだ羽のようですね。


パール展1


真珠たちは
この静かな宇宙のなかで
うっとり夢見ているようでした。


パール展2



別窓 | 展覧会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |