FC2ブログ

ふみ函

媽祖廟と桜

横浜中華街に来るときは、
たいてい関帝廟通りを歩いて、
山下町公園に立ち寄ります。
この小さな公園が、何となく好きなので。

四阿(あずまや)のようなお休みどころ
「会芳亭」は、小さいながらも綺麗です。


2019春山下町公園


ちょっと向こうに桜が見えて、
近寄ってみたら、
隣接する横浜媽祖廟が、
桜で彩られてより華やかに。


2019春媽祖


花の紗幕越しに見える
鮮やかな装飾。
なんとも艶やかですね。


2019春媽祖2






スポンサーサイト
別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鎌倉早春(3)瑞泉寺への道

瑞泉寺へは、鶴岡八幡宮の境内を脇に抜けて、
横浜国立大附属の鎌倉小学校の
広い校庭沿いに歩いて行きます。

校庭ににょきっと屹立した
これは何かと思ったら、
龍舌蘭(りゅうぜつらん)の花茎。

こんなに大きくなるんですねぇ。


鎌倉歩き1


雪ノ下の辺り、
ちょっと懐かしい感じの
素敵な洋館が目につきます。


鎌倉歩き3


こういう古い木造住居も好きです。
手摺の持ち送り部分、
何気ないようでアールデコ調のデザイン。


鎌倉歩き2


蔦に占領され、錆びついて
もはや開閉出来ないと思えるシャッター。


鎌倉歩き4


鎌倉宮の参道。
この門も味わい深いですね。


鎌倉歩き6


通玄橋の手前に
すっと立つ一本の山桜。


鎌倉山桜


石段を上って辿り着いた瑞泉寺。
例年通り、花を終えた水仙の葉は、
きゅっと束ねられていました。


瑞泉寺水仙葉


帰り道に出会うネコヤナギ。
何か楽し気に動き出しそう。

鎌倉散歩はいつも
自然を愛でるひとときです。


鎌倉ネコヤナギ




別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鎌倉早春(2)浄智寺

円覚寺ではまだ開きかけだった
三椏(みつまた)の花、
ここ浄智寺では満開!


浄智寺1


この境内は陽当りが良いからでしょうね。
花かんざしのように丸まって。

楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)と並び、
三椏(みつまた)は和紙の素材として有名。
名の通り、枝先がみっつに分かれてゆきます。


浄智寺2


このちいさな黄花は何かしら。
このお寺はこじんまりしているけれど、
お花がいっぱいあって
いつ来ても楽しくなります。


浄智寺3


竹林そばのポンプ井戸。
水盤の水に白椿が一輪
浮いていました。


浄智寺4



別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鎌倉早春(1)円覚寺

久々の鎌倉歩き。
いつも通り、北鎌倉駅からすぐの円覚寺へ。


仏殿の窓から見える
選仏場前の白梅も絵のよう。


円覚寺6


下駄箱に並んだ赤と黒の靴が、
中国ふうで何だか可愛らしいこと。


円覚寺7


いかにも鎌倉らしい谷戸の景色。
この境内は本当に奥が深いですね。


円覚寺1


石仏の足元の苔にも
やわらかな春の陽射し。


円覚寺2


奥へと上ってゆく道には、
原始のちからを感じさせる樹木の根。


円覚寺3


まだ開き切れぬ三椏(みつまた)の花の蕾。
周りだけ開いているのを下から見ると、
ちいさなひまわりのよう。


円覚寺4


小さなヤツデが
スポットライトのような
ひかりを浴びて佇んでいました。


円覚寺5



別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

変わりゆく渋谷・その4

定点観測にもってこいの、
ヒカリエ8階からの渋谷駅の眺め。

東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事
のニュースを見てから、気になっていたのですが、
遅ればせながら確認に向かいました。


2019ヒカリエから渋谷駅


これまで東急東横店の3階に位置していた駅を、
表参道寄り(というか宮益坂寄り)にスライドして、
明治通りの上にするそうです。


変わりゆく渋谷駅・その2の記事を書いた2014年4月当時は、
こんなに銀座線が見通せていたのにな。


渋谷駅


個人的には、東急東横店の箱から出て来た電車が、
すうっと道路の頭上を走ってゆくのが広々と見えるのは、
遊園地みたいで好きでした。
これからはこんな風には見えなくなりますね。


新しい駅のフレームの湾曲は、
東京メトロマークの「M」をかたどったものだそうです。


2019銀座線渋谷駅工事






別窓 | 渋谷 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ふみ函 |