FC2ブログ

ふみ函

麻布めぐり(六)南部坂、ドイツ大使館の壁

まあ、それにしてもこの日は、
我ながら一日でよく歩きました。
麻布十番から電車やバスに乗るでもなく、
徒歩で恵比寿まで。

お屋敷街の一角から再び下って二の橋を渡り、
今度は長く続く仙台坂を上り、
仙台坂上から区立麻布運動場の方まで進んで左に折れ、
緑濃い有栖川宮記念公園を右手に見ながら、
南部坂を下ります。


南部坂ドイツ大使館壁


こうして見るとこの坂の勾配も相当なものですね。
左手はドイツ連邦共和国大使館の壁。
外国人のかたの往来も多い場所。


ドイツ大使館壁


ベルリンの壁崩壊とドイツ統一25周年の記念として、
壁が存在していた時代と、壁崩壊後の同じ場所の写真が、
上下に並んでいます。
これはボルンホルマー通りのヘーゼ橋。
1961年の写真には「ドイツ民主共和国ードイツにおける平和のとりで」
というスローガンが見えます。


ドイツ大使館壁の絵


グラフィティアートはアーティストの乾慎一郎氏の手になるもの。
真っ赤な口紅の唇が描かれたイメージイラストを見ていると、
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のことを思い出します。
5年前、壁崩壊20周年の時にここを通りかかった時も、
やはり同じことを思っていましたね。


スポンサーサイト




別窓 | 建築 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<麻布めぐり(七)祥雲寺 | ふみ函 | 麻布めぐり(五)日向坂~綱坂>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |