ふみ函

水天宮新社殿の色

長らく改築中の水天宮
現在お参り出来るのは浜町の明治座近くの仮宮ですが、
久々に本社殿近くを通ったら、
すでに形となっている新社殿が見えました。


水天宮新社殿


ちょっと吃驚したのは、
手水舎かな?と思われる建物の屋根と、
大きな鳥居がぴかぴかに光り輝いていたこと。
作りたての銅製だからでしょうか。
銅(あかがね=赤金)色とはまさにこのこと。


水天宮新社殿3


そういえば新しい十円玉は、
こんな色でぴかぴかでしたね。
年月が経てばその色も変化してゆきますが、
今はまだ目映すぎて落ち着かないような気も。

新社殿への遷座は、
今年四月上旬予定だそうです。


水天宮新社殿2
スポンサーサイト

別窓 | 建築 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<鎌倉近代美術館にお別れ | ふみ函 | 両国橋>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |