ふみ函

中華街の獅子舞

開港資料館の展覧会を観た後、
せっかく横浜に来たのだから、
と中華街に足を向けると、
賑やかな鳴り物と爆竹の音が。

中国獅子舞だ!


横浜中華街獅子舞3


春節以外でもやる日があるんだ。
今日は何の日だっけ、
とあとで調べたら
十月十日は雙十節
中華民國が成立した建国記念日(國慶節)なのだとか。


横浜中華街獅子舞


目の前で見るのは初めて。
しばらく見入ってしまいました。

獅子は二人一組。
立ち並ぶお店の一つ一つに入って行って、
そのお店の軒先と、中のお客さんたちを
噛んで回ります。

日本の獅子舞もそうだけれど、
獅子が噛むのは、厄を払い、福をもたらすため。
縁起ものなんですね。


横浜中華街獅子舞4


それにしてもお店は途切れなく並んでいるから、
全部回ってゆくのは大変でしょう。
お疲れさま。


横浜中華街獅子舞5


最初に出会ったのは、緑の獅子でしたが、
暗くなりかけた頃、赤の獅子に遭遇。
五色の獅子があちこち練り歩くそうです。


横浜中華街獅子舞7


お店の軒先が高い時は、
頭側の子が、後ろ側の子の肩に乗っかって、
ひゅっと立ち上がります。
すごい、軽業みたい。


横浜中華街獅子舞8


一瞬で背を伸ばした獅子の姿は、
まるで龍のようでした。


スポンサーサイト

別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<関ケ原の風景 | ふみ函 | 横浜芝山漆器の世界(横浜開港資料館)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |