ふみ函

稲荷像いろいろ

御本家の豊川稲荷には、
ずいぶん昔に詣でたことがあるのですが、
東京別院に足を運んだのは初めて。


赤坂豊川稲荷鳥居


ご本殿の前のお稲荷さまは、
かなりお年を経た感じ。


本殿の稲荷狐


リアルな獣の威厳を感じさせます。


本殿の稲荷狐(左)


それに比べると、
奥の院に通じる鳥居前のお稲荷さまは、
ずいぶんしゅっとしてスタイリッシュだし、
近年作られたものらしく、色鮮やか。


奥の院参道稲荷狐(玉)


口に銜えた宝珠と巻物は定番なれど、
何だか古代エジプトの犬神さまのような
細身のシルエットですね。


奥の院参道稲荷狐(巻物)


こちらの「子だき狐」のお顔は素朴で穏やか。
お揃いの赤い涎掛けに
ちいさな子狐が埋もれそうなのが、
微笑ましいですね。


子だき狐



スポンサーサイト

別窓 | 仏像類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「色の博物誌」と秋の彩り | ふみ函 | 赤坂寄席(豊川稲荷東京別院)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |