ふみ函

慈姑(くわい)の絵柄

「近代工芸と茶の湯Ⅱ」(国立近代美術館工芸館)へ。

第一室に展示されたこの屛風に、
ぱっと目が留まりました。
慈姑(くわい)がいっぱい!


風呂先二曲屛風


広川松五郎「風呂先二曲屛風」。
ろうけつ染めの青くわいが
とてもリアルで印象的。


屛風のくわい


くわいは澤瀉(オモダカ)の栽培品種とか。
食べるのは塊茎の部分。
”芽が出る”かたちから縁起物とされ、
おせち料理でお馴染み。
お正月期の展示にふさわしいですね。


野菜吹寄着物


野菜や果物の吹き寄せ柄着物を持っていますが、
この中にもくわいが。
単純化されていても、一目で分かりますよね。
愛らしいかたちだなと思います。


スポンサーサイト

別窓 | デザイン | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<千駄ヶ谷散歩(1)お洒落な建物 | ふみ函 | お伽噺柄の綿入れ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |