ふみ函

霊岸島の橋(『3月のライオン』を歩く①)

『3月のライオン』が実写映画化されたのを機に、
作品の舞台となった川沿いの地へ。

主人公の桐山零(れい)が住んでいるのは、
隅田川、亀島川、日本橋川に囲まれた、
旧・霊岸島(現・中央区新川)。

あちこちに水門や船だまりのある、
水辺の街。


亀島川水門


映画の中で、零は亀島川水門の見える
南高橋(みなみたかばし)を渡り、


南高橋


今は埋め立てられてしまった八丁堀(桜川)に、
以前架かっていた稲荷橋の跡を通り、


桜川稲荷橋跡


JR八丁堀駅への階段を下りて、
将棋会館のある千駄ヶ谷へと向かっていました。


JR八丁堀駅


でも原作漫画で零がしょっちゅう渡っていたのは、
南高橋から一つ北側の高橋(たかばし)。
(「たかはし」ではなく、「たかばし」と濁点付き)

江戸時代には、
湊からの船が頻繁に出入りする場所だったので、
大型船の航行を妨げないよう、
橋を 「高く」 架けたことが名の由来とか。
欄干デザインは波のイメージ。


高橋から南高橋を見る


原作の零は、八丁堀駅に降りるのではなく、
そのまま亀島川沿いに北上して、
八重洲通りから東京駅に向かっていたようですね。


中央大橋への階段


霊岸島と佃島を結ぶ、印象的な中央大橋。
橋へ上るためのこの階段も、
原作の扉絵に描かれていました。

この狭い路を右手に折れて、
下に下ると隅田川テラス。


隅田川テラスと水位観測所跡


この近未来的オブジェのようなものは、
「霊岸島水位観測所」。
3角形のフレームは、土木や建築の設計図などに
高さを表す記号として用いられる▽のイメージ。
観測室は、斜方十二面体という形。
見る位置によって、正方形、正六角形、八角形、
と変化して見えるのだとか。


霊岸島水位観測所シンボルタワー


テラスから見る中央大橋。
何本もの鋼線がぴんと張られた雄姿は、
帆船のようにゆるぎない美しさ。


隅田川テラスから見る中央大橋


広い広い、風通しの良い橋。
この上を歩いていると、
このぴんと張られた鋼線に、
頭上を守られているような頼もしさと、
祝福の晴れがましさを感じます。

すっくと立つ橋柱は、
巨大な琴柱のよう。


中央大橋上


橋を渡って、対岸の佃島へ。

スポンサーサイト

別窓 | ロケ地 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<佃島(「『3月のライオン』を歩く②) | ふみ函 | はじめての矢来能楽堂>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |