ふみ函

自由学園明日館

いつか入ってみたいと思っていた
自由学園明日館

フランク・ロイド・ライトの設計は大好きで、
3年前には芦屋のヨドコウ迎賓館に足を運び、
興奮して写真をいっぱい撮ったものですが、
池袋と目白の間にあるここは、
いつでも行けるという気安さのため、
かえって内部見学が遅くなってしまいました。


明日館正面


この重層的な幾何学デザインと、
差し色の緑がいかにもライトですね。

受付前の小さな門も、
菱形デザインがお洒落。


明日館門


幾何学的な建具装飾、
そしてお得意の大谷石。


明日館2


軒高が低めなのも、
平易で親しみやすいところ。

いざ、中へ。


明日館1


廊下にも大谷石。
樹木を思わせるようなガラスの装飾がモダン。


明日館3


シンプルな大教室。


明日館大教室


お揃いの椅子のデザインも愛らしい。


明日館椅子


階段を上がると食堂。


明日館食堂


喫茶付きの見学料を払えば、
ここでも飲み物がいただけます。


明日館食堂暖炉


この部屋も重層的で変化に富んでいます。
自然光の取り入れ方が素晴らしい。


明日館食堂3


この照明は、
ライト自身がデザインしたものとか。


明日館食堂2


こちらは小食堂。


明日館小食堂


背もたれのほっそりした椅子。


明日館食堂椅子


食堂からまたちょっと階段をあがったところに、
ライトと明日館についての資料を展示した
ミュージアムコーナー。

中央棟の竣工は1921(大正10)年。
その後順次増築、改築。
保存修理工事を経て
2001(平成13)年、現在のかたちに。


明日館ミニギャラリー


ライト設計の照明器具
「タリアセン3テーブルランプ」。


タリアセン3テーブルランプ


ライト先生のあやつり人形まで!


フランク・ロイド・ライト人形


この場所からは広いホールが見下ろせます。


明日館7


ホールは女学校当時、
毎朝の礼拝をしていた部屋。

壁画は旧約聖書の「出エジプト記」の一節を、
生徒が描いたものとのこと。


明日館2階から見たホール


うっとり堪能しているうちに、
すっかり灯ともし時。

出入り口の下駄箱上に飾られた花に至るまで、
何から何まで素敵で、幸せな空間でした。


明日館入口の花
スポンサーサイト

別窓 | 建築 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<夕暮れの山下公園辺り | ふみ函 | 光を透かす秋草>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |