ふみ函

横浜散歩(3)旧根岸競馬場

離れた場所からでもくっきり見えた
堂々たる三連の塔。
かつての競馬場メインスタンドだそうです。


根岸競馬場跡


通称根岸競馬場。
正式には日本競馬会横浜競馬場。
設立は古く、幕末の1866年、
横浜の外国人居留地における娯楽施設として作られ、
大いににぎわったものの、
第二次世界大戦中に競馬は休止、馬場は閉鎖。
戦後は米軍に接収され、
競馬場として再開は成らなかったとのこと。
今、跡地は広大な根岸森林公園に。


根岸競馬場跡11


ここに唯一残っているのは、
アメリカ人建築家J・H・モーガンによって設計され、
1929年に竣工した「一等馬見所」だそうです。
かつてはこんな姿だったんですね。
(公園内のパネル写真より)


根岸競馬場跡3


今は鉄条網にひしと囲まれた孤高の塔。


根岸競馬場跡8


植物レリーフに縁どられた丸窓が、
二つ並んでいると、
古めかしいロボットの目のようで、
何だか親しみを感じます。


根岸競馬場跡10


出来得る限り正面寄りに回り込むと、
先ほどのパネル写真の角度にやや近づきますが、
残念ながら在日米軍根岸住宅が隣接していて、
その区域には立ち入れません。
真正面から見ることは出来ませんでした。


根岸競馬場跡4


建物を覆うように絡まる蔦の枝。
夏の青葉や秋の紅葉は美しいのでしょうが、
こういう蔓は建造物にぎりぎりと絡みつき、
絞り上げるように傷めてしまうんですよね。
ちょっと心配。


根岸競馬場跡12


「Stuff Entrance」と記された
かつての職員出入口が見えました。


根岸競馬場跡5


朽ちゆく古城のようにも思えます。


根岸競馬場跡7


それにしても広々とした空間ですね。
すこん、と抜けた青い空。


根岸競馬場跡9


少し霞みながらも、
綺麗な富士山のシルエットが見られました。


根岸森林公園からの富士山



スポンサーサイト

別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<お正月 | ふみ函 | 横浜散歩(2)中華義荘>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |