ふみ函

菊地信子コレクション展

「素晴らしい展示だから是非」
と、目白ゆうどの今井さんから教わって、
シルクラブ 中野山田屋へ。

何度か伺っていますが、
ちょっとお久しぶり。


2018シルクラブ1


今回の展示は
「菊地信子コレクション~世界の古裂で着物を遊ぶ」

世界の古裂を愛し、着物や帯に仕立てて身に纏い、
「歩く美術館」とまで呼ばれたという
故・菊地信子さんの着物、帯、帯留め、簪など、
類稀な品の数々。


2018シルクラブ2


展示会場たるこの建物も
シックでモダンで素敵なんです。

若松の描かれた扉。


2018シルクラブ5


こちらの舞台はお能にも使われるそうです。


2018シルクラブ6


こちらの着物の柄は、洛中洛外図。
元禄風な着付け。


2018シルクラブ7


これはまた華やかな!
ハート型を連ねたような紅い文様。


2018シルクラブ8


この古い帯のお花も素敵。
秘密の花園に迷い込んだようです。


2018シルクラブ16


なんと可愛らしい更紗。
飾られていた菊地さんのパネル写真は、
この着物をお召しになっているものでした。

和風のように思えましたが、18世紀のインドのものとか。
帯はインドネシアの印金ジャワ更紗。
半衿はインドの印金のターバン。


2018シルクラブ9


柄on柄のかっこよさ。
着物は18世紀のインド更紗。
帯は20世紀のジャワ島の臈纈染。
半衿はロシア更紗。
更紗は色んな国に伝わっていったんですねぇ。

そう言えば泉鏡花に「印度更紗」という
とても洒落た短編がありましたっけ。


2018シルクラブ12


パネル写真にもあった刀の鍔の帯留。
堂々たる存在感。
着物は14~15世紀のインドの鬼手木綿の更紗。
帯は17世紀のインド更紗。
半衿はコプト裂地。


2018シルクラブ14


様々な素材を生かし、
大胆に使われていることに感嘆。
幅の狭いターバンなども、
纏り合わせて使われています。

一部傷んでいた部分があったのか、
同じ柄のものを、うまくはめ込んで
つなげてありますね。


2018シルクラブ15


芹沢銈介の型絵染に、
浜田庄司の益子焼の帯留めだなんて、
民藝立役者たちの逸品ですね。
帯は龍村平蔵という贅沢さ。


2018シルクラブ17


どこもかしこも
見事な美意識に貫かれた逸品ぞろい。
ただただ見惚れるばかり。


2018シルクラブ18


眼福、眼福。
ありがとうございました。


2018シルクラブ19


スポンサーサイト

別窓 | 展覧会 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<青空紅梅 | ふみ函 | 夜の雪景色>>

この記事のコメント

初めまして!
信子の孫の江麗と申します。
おばあちゃんのコレクション展示会に来て下さり、ブログに書いて下さってありがとうございます(^o^)
2018-01-30 Tue 02:29 | URL | ERE #l/VZmCVM[ 内容変更] | top↑
江麗さん、初めまして。
わざわざコメントありがとうございます。

私は更紗模様やインドの布なども大好きなので、
目に触れるものすべてが素敵で、
夢のような時間でした。

他の方のブログ記事を拝見したら、
この展示の演出も江麗さんがなさったそうですね。
ありがとうございました。
本当に素敵で、一つ一つ見入ってしまいました。

会場でお見掛けしたと思うのですが、
お声まではかけられず。
またいつかこういう機会があると嬉しいです。


2018-01-30 Tue 13:04 | URL | ふみ #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
今回の展示会で、江麗が着物の展示会に関わるのも演出するのも飾り付けをするのも全てが初めてで色々と不安がありましたが、喜んでもらえて良かったです🎶
今後ももっともっと菊地信子コレクションを色んな方に見ていただきたいし、広めて行きたいので、応援宜しくお願いしますm(_ _)m
慣れないながらもインスタやFacebookで菊地信子コレクションのページを作ったので、フォローしていただけたら嬉しいです!

展示会場では赤い帽子をかぶってましたよ。
2018-02-01 Thu 00:36 | URL | ERE #-[ 内容変更] | top↑
江麗さん、何度もありがとうございます。
今のところ私はFBやインスタはやっていないのですが、
菊地信子コレクションのことは、
今後も気を付けて見てみますね。
たくさんの方にご覧いただけることを
私も願っております。
2018-02-04 Sun 23:28 | URL | ふみ #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |