ふみ函

川越(1)

小村雪岱展を見に川越市立美術館へ。

このちらしの絵は『春告鳥』(昭和7(1932)年頃)。
すっきりとした構図と色合がいかにも雪岱調ですね。


小村雪岱展


鏡花本の装丁者として著名な画家ですが、
川越生まれの方だとは知りませんでした。
今回は生誕百三十年記念の特別展。


川越1


”小江戸”と言われる趣ある街並み。
せっかくなので美術館への行き帰りは、
ゆっくり歩いてみました。


川越2


川越と言えばこの「時の鐘」。
街のシンボルですね。

このお店の時計も、
時の鐘を模しているようです。


川越25


市役所前の交差点に面して建つ手打ちそば「百丈」
もとは釣具店として建てられたものだとか(1930年建)。


川越3


見事な銅版葺の木造三階建て。
味わい深いですね。



スポンサーサイト

別窓 | お散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<川越(2) | ふみ函 | バラライカ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |