FC2ブログ

ふみ函

九品仏の浄眞寺

尾山台を散策したついでに
次の駅の九品寺(くほんじ)まで
歩いてみました。

駅名の由来ともなっている
浄眞寺へ。


浄眞寺


降るような蝉しぐれ。
公孫樹の葉にも蝉の抜け殻。


手水舎の鷺草のオブジェ、
ずいぶん大きいですね。
可憐な鷺草というより、
本物の白鷺に近づいているような。


浄眞寺2


訪れたのは十数年ぶり。
お友達のお母様に案内していただきましたっけ。

ああ、この三つのお堂は記憶のまま。
青葉に囲まれて清々しい。


浄眞寺4


下品(げぼん)堂には
下品下生、下品上生、下品中生の印相を結んだ三躰、
上品(じょうぼん)堂には
上品下生、上品上生、上品中生の印相を結んだ三躰、
中品(ちゅうぼん)堂には
中品下生、中品上生、中品中生の印相を結んだ三躰、
全部で九躰の阿弥陀如来像がおわします。


浄眞寺3


浄土宗の経典のひとつ「感無量寿経」には、
極楽に往生を願う人の性質や行為によって、
往生人の九種に分けられた階位について
説明されているそうです。


浄眞寺5


一番上位である上品上生の往生人は、
極楽浄土の蓮華が即開いて、
その中に生まれることが出来るとか。

それはともかく、
お堂からいただいてきたそれぞれの印相図、
見ながらわが手でやろうとしても、
なかなかすっと出来ず。
凡夫にはむつかしゅうございますね。

スポンサーサイト




別窓 | 仏像類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<白いブーゲンビリア | ふみ函 | 尾山台の狐塚古墳辺り>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ふみ函 |